09 10月 2017
DSC_0968

基礎も固まりました。 洋墓の形がわかってきます。

一番下の四ツ石とその前の拝石を据えていきます。

まずは型枠をはずしていきます。 DSC_0969

きれいに打てています。

前日が雨だったんで基礎が濡れていますがよく固まっています。

一番前の拝石から据えていきます。DSC_0977

施主様のご要望で 「全面石にしてくれ。」 っという事なので拝石も巻き石の内側イッパイに据え付けです。

あんまり関心しませんが。

次に四ツ石をモルタルで据え付けていきます。 DSC_0978

マスキングをしてコーキング目地です。

次に納骨するところの石棺を据え付けていきます。 DSC_0979

そして四ツ石と石棺の間に生コンを流していきます。 DSC_0982 DSC_0981

あとはきれいにふき取ってまわりの掃除をして終わりです。

まだ全貌はわかりません(笑)

こんなんして上は普通の京都型の墓 って事は・・・

次回をお楽しみに!!

 

前回の記事  「わしもやるで!洋墓?それともデザイン墓??安土町の浄厳院  巻き石編」

 

その他のデザイン墓、洋墓の記事

「デザイン墓?洋墓?なんでもしまっせ~!!淨厳院東霊園!! 1 」