07 9月 2016
DSC_0799

少し前になりますが二十年くらい前はよく仕事があった大工さんが工場に来た。

「ご機嫌さんやなぁ」

ほんまにご機嫌さんやん(笑)

来たかと思たらいきなり

「のれんのおもりを作って欲しいねん。」

「〇〇円で簡単でええし扇子の形にちょっとへこめて掘ってくれ。」

と。

ちょっとへこめてって簡単に言うけど・・・

けっこう手間かかるねん!

〇〇の数とホンマの金額のケタはちゃいます(笑)

「そんだけしか出んの?」

厳しいこと言うわ。

でもおもろそうな仕事やなぁ。

「やらせてもらうわ。」

と了解した。

さてどう作ろう??DSC_0799

とりあえず絵を書いてみた。

大工さんはこの扇子の部分を「沈めてくれ」

って言う事でした。

しか~し!

DSC_0823

浮かせてしまいました。

大工さんはこの逆を言うてたけど

それではおもろない!

昔はよく仕事をさせてもらってたのもあるし金額関係なし!

いったれ~!!

DSC_0824

サンダーが入らない所はエアーハンマーできれいに作っていきます。

DSC_0825

ここで終わってもよかったんですが・・・

DSC_0826

やってまいました。

ほんまもんみたいに加工。

小さいので骨まではつくれませんでしたけど。

前に大きなレリーフで扇子を作ったときは骨まで作りました。

画像はコチラ

DSC_0827

エアーハンマーできれいに仕上げていきます。

DSC_0828

上の角を面取りして仕上がりです。

DSC_0829 DSC_0830 DSC_0831

 

「やっぱりええなぁ~!」

ほやけどもう一個作らんとアカン。

沈めといたらよかった(笑)