09 7月 2017
DSC_0243

引っ張りまわしてましたがようやく最終回です(笑)

少しぐらいさみしいでしょうか?(笑)

 

額の石が新しいので色を付けようかと思ったんですが

やっぱりやめました。

なぜか??

今は新しいけどだんだん汚れたりコケが付いて行った方が自然かな~っと。

と言う事で現場です。

今回もカニクレーンの登場です。

DSC_0256

 

今回も鳥居の傘を吊ります。

この鳥居、明治37年に建ってからこんなに傘を下されたことないやろうなぁ(笑)

 

DSC_0257

 

横から差し込めないんで傘を下します。

次に傘の下場にアンカーボートの穴を掘っていきます。

掘ってるところの写真は忘れました。

 

DSC_0258

 

額を吊って据え付けます。

またもや写真忘れました(笑)

額に突っ張りを入れて傘を載せていきます。

 

DSC_0259 DSC_0260

 

のりました!

セメントを拭いて完成です!

額が新しいですがこれからだんだん馴染んでいくと思います。

ええ感じに仕上がりました。

 

DSC_0262

 

コタタキもきれいにのってます。

自画自賛ですが(笑)

 

DSC_0264 DSC_0266

 

長きにわたりましたがめっちゃやりがいのある仕事でした。

丸吉吉田石材さんにもいろいろと相談にのってもらい満足のいく仕上がりになりました。

新しいのを建てるのもいいですけど、古いのを直して何かを足していくのも面白い仕事です。

昔の職人さんに負けない物をこれからも作っていきたいです!

 

終わり!

 

前回の記事  「「鳥居が傾いています」お得意さんのご注文! 10  (鳥居の額加工編動画 ) 」