16 2月 2019
DSC_0567

寒い日が続きます。

お彼岸まで一か月半位になって来ました。

久しぶりのお墓の投稿です。

しかもデザイン墓!!

うちのような店でもやってますよ~!

 

今回は知り合いの親戚のかたの仕事です。

デザイン墓がしたいと言う事で去年の八月位から何回も打合せをさせて頂きました。

お墓のデザイン、文字、それに立体彫刻までいろいろ考えてお施主様にも納得してもらいました。

この野畑墓地去年の春のお彼岸前にも仕事をさせてもらったんですが(去年の記事)基礎に行かなくてもいい。

安土からこの瀬田の野畑墓地まで車で一時間二十分位かかる。

基礎がしてあるのは非常に助かります。

こんな感じです。

DSC_0566

 

四ツ組の石が一区画になっていています。

真ん中の土を取ると納骨室になっています。

結構の深さの納骨室です。

写真は撮り忘れてますが(笑)

 

それでは本体を組み立てていきます。

ボンドを付けて据え付けていきます。

 

DSC_0569

 

また写真忘れてました(笑)

久しぶりのお墓建てなんで(笑)

コーキングの目地も入っています。

 

立体彫刻の桜もええ感じになってます。

次に小物を据え付けていきます。

まずはボンドを付けて。

 

DSC_0570

 

線香立てを取り付けます。

あまりに線香立てが大きいのと花立も横にくっ付くので納骨の時に開けやすい様に

ふたをするタイプにさせて頂きました。

 

DSC_0571

 

次にボンドを付けて花立を据え付けます。

 

DSC_0572 DSC_0573

 

これもユリの立体彫刻をさせて頂きました。

コーキング目地をして仕上がりです。

 

DSC_0574 DSC_0575

 

ええ感じに仕上がりました。

最後にさらしをまいて花立と線香の金具を付けて完成です。

 

DSC_0576

 

角が欠けると嫌なんで角を丸くして欲しいと言う要望もこちらも据え付けで気を遣う所が少し減っていつもより気楽に作業が出来ました。

角を丸めるとデメリットもあるんですがお施主様にも納得してもらい大変喜んでいただきました。

今回はいろんなこだわりの入ったお墓になりわしも考える所から大変楽しく仕事をさせて頂きました。

本当にありがとうございました!!

 

こんなこだわりのお墓作っていきませんか?!