27 4月 2019
DSC_0657

やっと暖かくなって来ました。

でも朝晩はまだまだ寒いです。

年のせいでしょうか(笑)

 

いつも手伝って頂いている石屋さんからの依頼です。

神前灯籠が交通事故にあい修復工事になったらしいです。

それで前文字の薬研彫りの依頼を受けました。

 

DSC_0641

 

解りますかねぇ~

天場が欠けています。

 

DSC_0644

 

新しく作り直した柱石に薬研彫りをしていきます。

新しい柱石は岡崎産の宇寿石です。

元の石は近江八幡市岩倉町で昔産出されていた岩倉石

今はもう採られていないので宇寿石で柱を作ったそうです。

その柱石に彫刻する字を写します。

 

DSC_0650

 

次にサンダーで切り込みを入れます。

 

DSC_0652

 

横に置いてあるエアーハンマーのノミで荒彫りをしていきます。

 

DSC_0653

 

次にまたエアーハンマーのノミで細かく形を作っていきます。

 

DSC_0662

 

最後にエアーハンマーのコベラできれいに切っていって完成です。

 

DSC_0668

 

こんな感じに仕上がりました。

昔の文字彫の割に深い彫でした。

今なら色んな道具もあるし簡単な事ですが。

昔にこのメチャクチャ固い岩倉石でこの深さ

感心します。

とりあえずきれいに仕上げました。

自己満足ですが(笑)

次回は動画です。

お楽しみに!!