ブログ

「宝篋印塔・基礎石の加工中! 滋賀県石材組合連合会40周年記念 11 」

「宝篋印塔・基礎石の加工中! 滋賀県石材組合連合会40周年記念 11 」

このブログはわしがブログを始める前にfacebookページで投稿したものです。             ブログとして残しておきたいので書き直します。                           多少言葉を変えて書くところもございます。                             平成27年( 2015 )の話です。

平成27年( 2015 )8月29日・9月8日・9月9日投稿

宝篋印塔( 供養塔 )の基礎石の周りの小たたきが終わり次は~!

格狭間( こうざま )の部分です。

小たたきした周りの部分より一段下げます。

一段下げずに格狭間を作られてる宝篋印塔が多いですが、下げた方が「かっこええなぁ」っという事で一段下げました。

周りも一段下げました。

かっこええけど手間がめちゃくちゃかかります。

なんせ四面ありますから(笑)

周りをサンダーの薄刃で切っていきます。

はつって行くとこうなります。(上の写真と違う面ですが(笑))

真ん中の絵が残っているのは、近江式文様と呼ばれる彫刻の部分です。

後で開蓮華・三茎蓮や孔雀を彫るので残しています。

近江式文様とは、格狭間に彫られた開蓮華・三茎蓮や孔雀などの文様の事                       

アバター
兼子石材店
やはり庵治石はしっかりした硬い石や~!

でも仕上がったらめちゃくちゃ綺麗に仕上がるいい石です!!

格狭間部分のハツリ動画です。

短いです(笑)

もう一つ格狭間部分のハツリ動画です。

上の動画よりちょっと長いです(笑)

次回の記事はコチラ

前回の記事はコチラ

Facebookコメント

オンライン

オンラインでのご相談

オンライン相談